20050921033302
さて、コレは何でしょう?

答えは・・・
『TAKAO@金毘羅さぬきうどん』7月20日のエントリー谷川米穀店風青唐辛子の佃煮の作り方がうpされていました。

以下引用

<材料>
青唐辛子 家庭用のボールに3分の2
  何グラムか いちいち量った事が無いので分からないんですよ。すみません。
甘長唐辛子 家庭用のボールに3分の1
  辛くない唐辛子です。辛い唐辛子だけで作ると、じょんならんぐらい辛くなりますから、甘長で量を増やします。
丸尾醤油のうすくち醤油 400cc
  他の醤油では谷川米穀店っぽくなりません。琴平町の丸尾(マルオ)を使って下さい。
ごま油 小さじ1
かつお節けずり節 9グラム

1.青唐辛子+甘長唐辛子 へた(つっう呼び名かな?)は切って捨てる。
  計ボール1杯分を包丁で縦半分に切ってから、1センチ間隔に刻む。
2.フードカッターに適量づつ入れて、更に細かくする。
  満タンに唐辛子を入れたら、手動カッターの場合、ハンドルがメチャ重くなるので注意!
3.フライパンを温めてから、ごま油をしく。
4.必ず弱火で唐辛子を炒める。絶対に焦がさないようにして下さい。
5.しんなりしてきたら、極弱火にしてフライパンにフタをして30分蒸らす。
  水分が逃げないようにね。
   私は極弱やタイマーがセットできる IH調理台を使っています。
6.丸尾うすくち醤油 400ccを一気に入れる。再びフタをして30分。
7.かつお節けずり節を9グラム入れる。再びフタをして5分。
8.冷めるまで自然に置いて(ほっといて)から、タッパーやガラスの瓶に入れる。



そうか~。
辛くない唐辛子を混ぜるのがポイントだったんだ。