■国産野菜で好調の「リンガーハット」が麺の小麦も国産化!(Walkerplus)

2009年にグループ全店で使用する野菜すべてを国産化した外食チェーン「リンガーハット」。今度は1月12日(火)から、なんと、ちゃんぽん麺の小麦2500tを国産化に踏み切った。また、同時に、無料の麺増量サービスも開始する。

同社では野菜の価格高騰が懸念されていた2009年10月1日に、グループ全店の野菜1万2400tを国産化し、480gもの野菜を使った新メニュー「野菜たっぷりちゃんぽん」(650円)の販売もスタート。今では客の約2割が注文するほどの人気メニューだという。
これが功を奏したのか、前年割れが続いていた2009年の売上高は12月に初めて前年を上回った。



思い切ったことしますね~。
リンガーハットは全国400店以上ですよ。
小麦を代えると当然、風味や食感が変わって、これまでの顧客に嫌われる可能性もありますから。
大半の方が良くなったと感じてくれる自信があるのか、「国産」って謳うことに意義があるのか。

消費者の国産信仰は強いようですね。
同じく国産小麦使用を謳っている丸亀製麺も調子良さそうですし。

これでリンガーハットの売り上げが目立って上がる様なら追随する企業も出てくるでしょうね。

国産の麺用小麦粉の奪い合いになったりして・・・
|01/13| 飲食関連コメント(0)TB(0)
20091230225400


明日、12月31日で日本市場から撤退するウェンディーズに行ってきました。
スーパーメガウェンディーズセット食べてちょっと胸焼けしてます。


■ゼンショー、「ウェンディーズ」運営から撤退(ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/10/news077.html


■ウェンディーズに「駆け込み客」殺到 人気メニュー売り切れ相次ぐ(J CAST ニュース)
http://www.j-cast.com/2009/12/14056161.html
|12/30| 飲食関連コメント(0)TB(0)
■リンガーハットが宅配専門店「リンガー's」を出店(日経レストラン)

リンガーハットは、「長崎ちゃんぽんリンガーハット」と「とんかつ浜勝」の宅配専門店「リンガー's」を立ち上げ、1号店を千葉県市川市に9月4日、オープンした。

同店は「長崎ちゃんぽんリンガーハット」と「とんかつ浜勝」の2つの専門店のメニューを宅配する。既存のイートイン店舗とメニュー、品揃えはほぼ同じだが、価格は宅配コストなどを含めるため、イートインの場合の価格より若干高くなる。また、ホームパーティー利用を想定した「とんかつ浜勝」のパーティーセットも販売する。

フードメニューのほかに、米(山形産ひとめぼれ、5kg2000円)と水(「越後の名水」2リットル300円)の販売も手がける。重くて持ち帰りしにくい商品の配達で、「町の御用聞きのような宅配専門店」を目指すとしている。


 麺類の出前は個人店は昔からやってますが、大手チェーンが麺類で宅配専門店をやるのは初めてじゃないでしょうか?
 麺類は経時劣化(平たく言えば”のびる”)が早いので宅配やテイクアウトには向かないというのが常識ですが、TVのニュースでは麺とスープを分けて運ぶので問題ないとの事でした。
 宅配はともかく、テイクアウトはうどん屋の可能性を広げるんじゃないかと以前から考えていた私にとっては非常に興味がある所です。
 偶然にも記念すべき1号店が私の家から近いので、是非、試してみたいと思います。
|09/05| 飲食関連コメント(1)TB(0)
■ファーストフードで“メガブーム”拡大(日経レストランONLINE)

うどんチェーンでこのブームに乗っかるところはあるのでしょうか。
『メガぶっかけ』『メガ釜玉』とかwww
『メガざる』は自己犠牲っぽくてイイ?w
|07/02| 飲食関連コメント(2)TB(0)
■吉野家、駐車場のある621店で酒類販売やめる(読売新聞)
■プレスリリース(吉野家)


売上高全体の内、酒類が占める割合が1%未満とは言え621店舗分ですから、なかなか思い切った決断ですね。

こういう事は最初にやることでニュースになるので企業のイメージアップにかなり貢献するでしょうから、宣伝費としては実は安かったりするのかな?

吉野家の子会社である『はなまるうどん』も酒類を販売していますが、コチラも酒で儲ける業態では無いのでやめるんじゃないでしょうか。
|12/07| 飲食関連コメント(3)TB(0)
Yahoo! JAPAN NEWSの記事より

11月10─13日にニューヨークで開催されている「第8回チョコレートショー」では、さまざまな材料を使ったユニークなチョコレートに注目が集まっている。
 今回のショーでは、従来の伝統的なチョコレートに加え、コリアンダー、カレー、クミン、ラベンダー、ライム、緑茶、黒ゴマ、豆乳バター、バルサミコ酢などが入ったチョコレートが発表されている。
 2004年の米国でのチョコレート消費量は34億ポンド(約15億トン)で、その大半は普通のミルクチョコレートだったが、ここにきて嗜好多様化の兆しがチョコレートにも出始めているという。


カレーチョコにバルサミコ酢チョコですか、結構ゲテモノっぽいけどショーに出すぐらいですから美味しくなってるんでしょうね。

うどんにもこんな感じでうどん店や製麺所が新作うどんを発表するような場があってもいいのになとオモタ。

丸亀うどんショーとかどう?
|11/13| 飲食関連コメント(7)TB(1)