ごはんうどん

■商品化に8年「ごはんうどん」を博多名物に(読売オンライン)より引用
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090116-754442/news/20100409-OYT1T00684.htm?from=nwla


 炊きたてのごはんを原料に作った米100%のうどん「JA博多ごはんうどん」の発表・商談会がこのほど、福岡市内のホテルで開かれた。

 JA福岡中央会の花元克巳会長を中心に、8年がかりで商品化にこぎつけた労作。同会は「米を活用して日本の農業再生にもつながる画期的商品。全国に広げたい」と意気込んでいる。

 ごはんうどんは、輸入品が多い小麦に代わって米を使い、今後は全国に普及させて食料自給率を向上させることまで狙う。低迷する米の消費拡大を目指し、全国に先駆けて開発した。

 米が原料だけに、めんにしてもすぐ切れるなど試行錯誤が続いたが、炊きたてごはんに米粉を混ぜるなど工夫を凝らし、「讃岐うどんにも負けない」と胸を張るほど、コシのあるめんに仕上がった。





米粉を原料としたうどんはよくありますが、炊いたご飯が原料のうどんは初耳でした。

【関連リンク】
JA博多ごはんうどん特設サイト
http://farmstation-kyushu.com/gohanudon/