FC2ブログ
朝日新聞:『水府小麦をうどんに、そば店主12日に開店』より抜粋。

 常陸太田市(旧水府村)の竜神大吊橋近くでそば店「慈久庵」を経営する小川宣夫さん(57)が12日、同市西一町の旧太田銀行跡地にうどん店「塩町館」を開く。水府地区は小麦栽培が盛んだったが、高齢化などからやめる農家が増えている。「消費を増やせば、農家に生産意欲を高めてもらえる」と水府産小麦を仕入れ、自家製粉したうどんを提供する。
 水府産小麦はこしが弱いため、外国産とブレンドし、綿棒から生地を引っ張って伸ばす「浮き打ち」という方法で作る。小川さんは「うどん本来の香りが強く、のどごしも優しい」。今後は乾めん作りも始め、小麦の仕入れ量を増やす予定だ。


村の農業を活性化させるため一人で立ち上がる小川さんに萌。
原文の様にホントに”綿棒から生地を引っ張って伸ばす「浮き打ち」という方法”だったらさらに倍萌えw
関連記事












 管理者にだけ表示を許可する

http://meriken.blog2.fc2.com/tb.php/108-fdabcfba
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)