FC2ブログ
富山新聞記事より抜粋

 砺波市特産の味である大門素麺(おおかどそうめん)の生産者が、今年から「大門うどん」作りに初めて取り組む。伝統的に素麺以外を作ることは認められていなかったが、需要の伸び悩みや後継者不足の危機感から、となみ野農協大門素麺事業部が規約の一部を改正し、うどんの本格生産を決めた。素麺とセット販売するなど新しい味として売り込み、産地を活気づけたい考えだ。

 うどんは材料や製造工程が素麺と似ているため、生産者の一部には、うどん作りを試みる人もいたが、伝統を重視するため公認していなかった。しかし、二年ほど前から素麺事業部内で議論を重ねた結果、今年から「大門」の名称を付けて売り出すことを決めた。

 大門素麺 1848(嘉永元)年に輪島から大門村(現在の砺波市大門)に伝わったとされる。明治に入って農閑期の副業として広まった。砺波平野の伏流水を使い、腰の強さと、麺を丸くたたんだユニークな形の丸まげ麺で贈答品として人気がある。



■砺波市農業公社の大門素麺紹介のページ
関連記事
【HAMAN】
大門素麺、面白い形をしてますよね。
広島では「福屋食品館FRED」で売られていました。

・福屋食品館FRED
http://www.its-mo.com/mapsearch.htm?ido=123812662&kdo=476886166&mlv=10&cls1=999&cls2=999&cid=60000012
2006/01/13 17:01* URL* [ EDIT]
【メリケン】
広島でも売られてるんですねえ。
大門うどんの方も素麺と同じぐらい売れるようになりますかねえ。
うどんも丸まげ麺のカタチにして売ったら面白そうですね。
2006/01/14 12:55* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://meriken.blog2.fc2.com/tb.php/229-a40a0807
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)