FC2ブログ
■讃岐うどん、条例規制=「ゆで汁で海川汚染」と対策へ-08年度導入方針・香川県(時事通信社)
■讃岐うどん本場だけに量が…“ゆで汁”排水規制(イザ!)


讃岐うどんの香川県が、高濃度のでんぷんや塩分を含むうどん店の排水が海や川を汚染しているとして、店側に新たな排水対策を義務付ける条例制定作業に入り、平成20年度の施行を目指すとの事です。

香川のうどん店の中にはいまだに下水道が整備されておらず、浄化槽も付けられて無い状態で排水は垂れ流しになっているところが多いみたいですね。

で、対策なんですが、県が平成16年に作成した【うどん店排水処理対策マニュアル】にいくつかの排水処理施設が紹介されてるんですが、その内、小規模店舗に向くと思われる1日に5㎡の排水を処理できるもので設置費用が250万円、管理費が毎月2万円かかるそうです。
また、車1台分ほどの設置場所も必要なので、その確保が出来るかどうかも問題です。

うどん店排水処理対策マニュアル


県も補助金などを検討しているのでしょうが、たとえ店側の負担が100万円ほどになったとしても、香川のうどん店の大半を占めると思われる、利益などほとんどナシで営業している零細店には”廃業”を決意するところも少なくないのではないでしょうか。

ただでさえ後継者不足(物理的な原因もあるが、多くは商売的にキツイから継がない)で昔からの店は減っていくと思われるところに、今回の条例でうどん店を開業する為の初期費用が100万円単位で上がっちゃうと、これから新規でうどん店を立ち上げようと考える若い人も減ってしまい、結果、香川のうどん店が激減してしまうのではないかと心配になります。

環境破壊は無視できませんが、うどん店の多様性がなくなると『うどん巡り』の魅力も無くなって観光客が減る、香川県としては難しい決断を迫られますね。


【関連】
■四国新聞シリーズ追跡:『うどん屋の排水対策』
■2ちゃんねる:【環境】香川県、「ゆで汁」排水規制…讃岐うどんの本場だけに量多く[01/12]


【トラックバック先】
■西宮発 eco税理士が行く
■お題目だけで人は救われるか
■凡忘親父乃「赤点不路愚」
関連記事
【MOON】
うどん店だけに規制をかけるのではなく
飲食店全体の可能性もあるのかな?、と思った。

そもそも
香川県の下水道の普及率(36.6%)は全国43位(全国平均69.3%)
http://www.jswa.jp/05_arekore/07_fukyu/index.html
市町村別のH17年度末普及率
http://www.jswa.jp/05_arekore/07_fukyu/kagawa.html

下水整備はしません。排水規制はします。
ということなんでしょう。さすが、香川県。
製麺組合にぜひがんばってもらいたいものです。
2007/01/17 19:59* URL* [ EDIT]
【メリケン】
MOONさんどうも~。

>飲食店全体の可能性もあるのかな?、と思った。

その様ですね。
公平に、という事でしょうが、逆にとばっちりを受けた形の他の飲食店は辛いですね。
排水量と汚染度ではうどん店が圧倒的のようですし。

下水道普及率の情報ありがとうございました。
参考になりました。

>下水整備はしません。排水規制はします。
ということなんでしょう。さすが、香川県。

さすがですよね~。
最悪なシナリオとしては、今回の規制の提案者が業者と結託してて、賄賂目当て・・・とかでしょうかw
2007/01/19 00:25* URL* [ EDIT]
【border】
はじめまして、トラックバックありがとうございました。

さて下水道整備に関しては、田舎に下水管を引くのは現実的ではありません。管渠の整備に金がかかりすぎます。合併浄化槽あたりが現実的でしょうが、こちらもタダではありません。

だからって行政が何もせずに黙っているのは、単なる怠慢です。観光と環境、その板ばさみになった担当部局の苦闘の跡があの報告書(?)だと思います。

排水規制が緩くなることは考えにくい、零細製麺業者は金がない、安くて画期的な浄化設備は難しい。

現状のまま商売を続けるのは難しいでしょうね。
2007/01/28 02:16* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://meriken.blog2.fc2.com/tb.php/357-8de3bf79
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)