FC2ブログ
NYで行列のできた讃岐うどん屋(四国新聞)

 ニューヨークで讃岐うどんを広めようと活動しているボランティアグループ「SANUKIプロジェクト」(伊藤智子代表)は二十六、二十七の両日(日本は二十七、二十八の両日)、高級懐石料理店の協力を得て、二日間限定の「本場讃岐うどん屋」を開いた。ニューヨークの飲食店などで打ちたての讃岐うどんが出されるのは珍しく、未知の味を楽しもうと集まったニューヨーカーらの行列が絶えなかった。
 イベントは、香川県出身の若者三人でつくるSANUKIプロジェクトが企画。
 緑茶飲料大手の伊藤園がマンハッタンに出店する高級懐石料理店「KAI」と将八うどん(観音寺市)が協力した。
 将八うどんからは高橋正一社長と職人三人が駆け付け、鮮やかな手打ち実演とコシの強い本場の味を披露。KAI一階のウインドー前で実演したことから、通りを行く人の目を引き、すぐに黒山の人だかりとなった。


 テレビのニュースでも見ましたが、将八の社長が笑顔で楽しそうにうどん打ってるのが印象的でした。
ニューヨーカーに「うどんはどのくらいの時間茹でるの?」と聞かれて「5分ぐらい。」と答えていたのはヲイヲイ!ちょっと待て!って感じでしたがw

 1日150玉限定だったようなので、わざわざニューヨークまで職人が行ったのに、うどんを食べられたのは2日間でたったの300人というのは、なんかもったいない感じがします。
関連記事












 管理者にだけ表示を許可する

http://meriken.blog2.fc2.com/tb.php/91-15838971
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ニューヨークでふるさとのために
先日「東京から地方のためにできること」というタイトルで愛媛へのUターン起業を支援する起愛塾を紹介しましたが、今度はなんと「ニューヨークから地方のためにできること」を実践しているプロジェクトを紹介します。その名はSANUKI Projectです。日の出製麺所のサイトによ 岐阜情報ブログ[2005/10/10 17:02]